our planet earth

春になると わぁっと一面にひろがる やさしいむらさき。3月の年度最後のお仕事のお約束を 終えてから 数日、のびていましたが 元気になってきました。母の誕生日もあり。 左手にマーガレットの鉢を 右手にチューリップの花束をもって よちよちと 届けてきま…

pray

これまでの経過で 日本でこんどの肺炎に罹った人が (諸外国に比べて)少ないのは なんでだろう と時々思います。・あんまり検査してないから。・清潔だから。家では靴を脱ぎ、お風呂に入り、手もよく洗う。ハグやキスや握手はあんまりしない。マスクはもと…

淡々と、粛々と

3月の初めの今週は、、とつぜん、それぞれの学校生活が 終わることになった 中学生と小学生との 思いがけないのんびりとした暮らしが 始まり中学生は 冷たい雨の日の朝に 高校の合格発表があって 進路が決まりこのまんなかの子と上の子とで 3年続いていた …

ジョジョラビット雑記③

またまたジョジョのママのはなし。ジョジョのママは 戦時下でも赤い口紅をひいて お洒落をし 明るく寛容にありつづけ ジョジョをみまもりそしてじぶんのできることをした。 反ナチ運動をし ユダヤ人の女の子を匿い それによってゲシュタポにみつかること に…

ジョジョラビット雑記②

ジョジョのママはいつも ジョジョの靴ひもがほどけていると言っては ていねいに靴ひもを結んでくれた。 くりかえしくりかえし。やがてジョジョは、ママや、だいじに思う女の子の 靴ひもを結んであげるようになる。そういうことだな、、と思う。内在化。わた…

ジョジョラビット雑記①

「怖れを捨てて信じるのよ」 「どうやったらわかるの? その人が信じられる人って?」 「、、ただ信じるのよ」映画「ジョジョラビット」での ジョジョのすてきなママと、ある女の子との会話。あっ、と思ったのだけど なにしろあっ、で、その前のQがどんなも…

愛するということ

ただそこにいる というのも 愛だと思う。ただ受け入れる というのも 愛だと思う。なんら積極的でなく おもてにはなんにも見えない ありかただったとしても意図をもって そうあるときは 強い愛する になる。 - - 窓辺のヒヤシンス これは黄色なのか白なのか、…

立春のまえに

先週のこと。 1年がかりでヘアスタイルを ショートからボブにした、のに ようやくなんとか実現してひと月 というところで とつぜんピカピカ・・となり 思いついてすぐ ボブを脱してしまいました。もしまたやっぱりボブ、、となったら 1年がかりなのに 迷い…

1920

12月30日、 きのうは今年最後のお仕事の日で 夕刻からは 楽しいコンサートパーティへうかがい ちいさなものを弾かせていただきました。思いがけずたくさんの人が コメントしてくださって とっても嬉しかったのだけどいちばん嬉しかったのが 「なんでそんなに…

Joyeux Noël

年中好きなものを買っているのに プレゼントもなにも、、と思いつつ それでもわたしには特別感のあるもの、 鉄のフライパン、を わたしに買いました。ぴったりのガラスの蓋もあとから買ってきた。油を塗り込んでみたりしながら さっそくの餃子はかなり失敗し…

木のなにがすごいかと言って なんと言ってもすごいのは すべて引き受けてる、ということだと思う。ただ、その足で、地に立っている、、 もしある日薙ぎ倒されたとしても 木はそのままだ、、、どこにも拠らない。おもしろくないこと、 がっかりすること、 悲…

12月某日

12月某日、だいじな方のお誕生日、 ある種類の紙を買いに行く必要があって うちから30分近くかかるところまでトコトコと歩いていく。 目的のお店の横には苗木のたくさんあるお店があって なんとなく吸い寄せられて行った。 なにか買おうかな? で飛びついた…

人と人が

11月は、たくさんの、大事なかたに会えて 優しいものや 心がひろがるような柔らかさをいただいたと感じます、、人と人が親密になる、て、どういうことだろう と思うことがあるけれど そのひとつに 目線を交換する、みたいなことがある気がする。 それは、、…

今年も11月に

今年も11月に レッスンにいらしている方たちとの 発表演奏会をしました。終わって、特に始めて間のない方や 大きくなられてきた方、その親御さまから多く たくさん、しみじみするような メッセージやメールを戴いて とても温められました。 ありがとうござい…

からだとこころは、、

からだをすこやかにする取り組みでよく思いつくのが・ダイエットやデトックス (余計なもの、老廃物などをなくす)・筋トレ (運動して筋肉をつける)ではないかと思うのだけどこれ、心について考えるときも おんなじだ、、と思い当たりました。 ・心のデト…

ピアノで旅する世界の子守歌

ここ数年、音と言葉のコンサートをさせていただいてきた つつじヶ丘のダイニングカフェ・クロロッポさんで 12月14日に 「ピアノで旅する世界の子守歌」 というコンサートを 川村幸さんのご案内で予定しています。音絵本「天使スリーピーの世界子守歌めぐ…

おかしなことを

ときどき あっっっ!! と思い出します。いつのまにか 不必要なマジメパワーみたいなものを 自分に 重ねてはくっつけていた のを、、、いつからマジメ教の一派になってた? みたいに。わたしは とっても真面目一辺倒な母 と おふざけ大好きな父 の子どもで性…

権威とは、、、

週末、ちょっとした会話のなかで。権威、みたいなことが話題になりました。 権威とは。 (キャリア、肩書き、学歴、賞歴、、、お墨付きも) いかにすばらしいものであったとしても その人自身、にはならない。。その人の肌着、くらいにはなれるかもだけど 肌…

その人そのもの

ある夜の発見、 ご感想とは、その人そのもの、、愛があるよねと言ってくださったかたは なにより愛のあるかただったし 強い情熱を感じますと言ってくださったかたは 強い情熱の持ち主だった。 そんなもの感じないよていう人は (と直截言う人はいないけれど…

ありがとうございました

ソノリウムでのリサイタルが終わりました。お忙しいなかご予定くださり足を運んでくださった方々、ソノリウムのオーナーとスタッフさまに心から御礼申し上げます。 それから当日のサポートを喜んで引き受けてくださり、山のようなお仕事をしてくださったナミ…

D960

去年の今ごろは 父の病院にほぼ日参していて ピアノは弾いていませんでした。シューベルトD960のコンサートをしようと その前の年にとっていたソノリウムも キャンセルしていました。がんばるよと父が言っているのだから まだ連れていかないでと 天国のおば…

小さな時間

コンサートをする とは 時間を作ることだなと 最近よく思っています。音だけの時間、 音にあふれる時間、言葉の後ろで、なにかの行動の後ろで 音楽はとても大きな効果をもちますがただ音だけを聴くという時間は きっとそんなに多くはない、、お料理を召し上…

5月

まだ、5月です、、この5月は 植物をたのしみ眺めています。 去年の5月は そういう心の余裕がなかった。ので ありがたく嬉しい、、 数日前サラダにいれた 花クレソン 残りどなたにもいい1週間に なりますように。

こころ、言葉、場所

何年前からか、、忘れましたが ルイレーリンク先生のこの文章はときどき読み返します。http://www.piano.or.jp/report/04ess/louis/2008/03/31_4551.htmlどの審査員も自分の「基準」があると思いますが、私の審査基準は「正しい演奏・上手な演奏」よりも、「…

新しい朝

新しい時代の始まった日の朝は 神戸にいました。小雨だったのだけど 山を歩く。気持ちよかった! le 新緑 あちこちで見かけた のびのびと咲くこの花は ムラサキツツジだと思うのだけど 街に帰ってきて見るツツジの花より ずっと小さくて可憐なのです。 よい…

アオギリの葉

4月に入り、桜の美しいころ アオギリは 緑のつるつるの幹のままでしたが10日前に 枝の先に葉っぱの出てるのを発見しました。 ちょっとわかりにくいですが そしてきょう アオギリは、古代では 鳳凰の棲む木と考えられていた ときいたことがあります。わたしは…

音楽は音で

きょう、レッスンで バッハの、ピカルディ終止の曲 (最後の最後に、とつぜん光が射したように 短調から長調に解決して終わるもの) を弾かれていた方が その終わりかたにとても驚いていらした。 これは、なんなんですか? なにが起こったんですか? と。そ…

風、緑、桜

お店で羽織ってみて、 それほど似合っていたわけでもないのに あとで気になってしかたのないジャケットがあり、、 これはずっと引きずるだろうと思って ぴゅっと、光の速さで出掛けて買ってくることにして 電車に乗る。20歳くらいのころ ニューヨークで、…

桜と椿

きょうは上の子の入学式でした。なんでだかまったくわかりませんがわたしはすごく嬉しかったです。いまも嬉しいです。 なんでだかというのは、ポイントがわからないという意味。ここまで成長したことが、とか、こういう学校だから、とか、こういうことが勉強…

木蓮の花

先週末、まんなかの子の吹奏楽の 定期演奏会に行くとき 末っ子は面倒くさそうだった。 なにか観ていたものがあったみたいで。 で、行きながら 素晴らしい出会いがあるかもよ? 音楽との、、 なんて言ってみたら もう出会ってるよ! と即答されたのでちょっと…