あのときの王子くん

わたしのやりたいことに ポエトリーリーディング があって 今年はなんとなくそれを実践したいなと 思っていたのですがこんどイベントで 朗読をすることになったので いそいそと準備しています。青空文庫バージョンの「星の王子さま」、 「あのときの王子くん…

20220202

年が明けてから立春までの日々というのはしぜんと、 火をかけた鍋の底から ぶくぶくと泡が沸いてくるみたいに今年忘れないでいようとか これを大切にしようと思うことが半ば勝手に、 沸き立ってきたのをつかまえるのにちょうどよい長さだなと毎年思う。それ…

2122

2021最後の日の光は 家へ帰る途中の坂道を真ん中の子とのぼりながら みました。いまはもう真っ暗で 2021と2022の間の、ぽかっと浮かんだ、いや沈んだ 時間のなかです。 きのうは、その前の晩にとつぜん そうだ、となり 映画 matrix resurrections を観てきま…

ある水曜、雨のあと暖かく晴れる

12月になった。今月はクリスマスの曲を新しく弾けるといいね、、と思い 午前中は、生徒さんそれぞれに クリスマスまでの数回で仕上がりそうな 楽しくて、そう難しくない曲を見繕う。 ワクワク。 わたしも讃美歌をやるだろうな、、 オルガニートの譜も作る予…

発表会の季節が

発表会の季節が来るたび わたしはいつも自分のことを魔女みたいだな、、 と思う。 生徒さんが来るのを もうすぐ来るぞーと待ち構えている。 なにしろ、生徒さんが部屋に滞在するのは ほんの短い時間だ。 その間に、萎れ気味の風船をふうわりと膨らませるがご…

ぴたっとくるか

音楽をやっていて お教えしていて よく ぴたっとくるか ということがいちばんだいじだな、、 と思う。不器用だったり、拙い弾きかただったとしても その人が その人の感覚を研ぎすませて だれの言う基準でもなく、 その感覚、センス、にぴたっとくるものを …