20年

20年前、わたしは20代で、一児の母で、
そしてじぶんの音楽活動を
本業として
届けを出して、するようになりました。

今年はそれから20年です。

だからなにか記念を
という気持ちは
まったく起こらなかったのだけれど
周りには、今年が、会社を起こして20年
という方や
ブランドを立ち上げて20年
という方々がちらほらいて
不思議な符合だなと思っていました。


星でみると
ことしは時代の変わり目なのだそうです。

この12月に、大きく星の配置は変わるのだそうです。
あと10日くらいで。

そのことはずいぶん前から知ってはいたのだけど
その土星と木星が重なって時代の変わり目となるという
グレートコンジャンクションが
この前にあったのは
2000年なのだときいて
そうかあ、、と
ちょっと合点がいった気がしました。


今年は、ほんとうに
勝手に起こるように感じられる
たくさんの変化の年でした。
いや、まだ終わっていないけれど、、

パンデミックのこともそうだけれど
いまアメリカで起こっていること、は
たくさんの、この世をつくってきた
嘘が暴かれていくプロセスそのもの。

すごい時代の変わり目を目撃しているんだな

目が離せないです。


春のころ、たしかみんなが買いだめに
走るようになったころは
まだなにが起こっているのか
掴めなくて
たいへんだなという緊張
つまり怖れをもっていたのだけど

たしかそのころのある日、
よかったな、こんなときに生まれてきて
とふと思ったことがあった。

こんなときを目撃することになって
というような感覚で
若干じぶんでも驚いた。
のだけれど
その後、その答えあわせのようなことごとに
多く出会いました。


もろい作り事、でも規模だけは大きくて
多くの人がのまれてしまうこと
がこれからは壊れていくだろうし

これから人間らしく
生きていきたいなら
文化のよろこびのようなものを
個人も、社会も、どれだけだいじにできるか
ということが
生命線になっていくのだろう。


これからもわたしは
音楽をやっていくので
これまでの20年と変わりがない
といえば変わりがないのだけれど

質のようなもの(良い悪いではなく)や
どんな背景のなかでやっていくのか
みたいなことは
変わっていくと思う。


と感じるとき
この20年の流れが
ある意味ひとつの堅いものを
築こうとがんばってきたもの
であるのも感じます。


なにもせずとも
今年は20年の変わり目になっている
みたいです。



f:id:natsukihana:20201211234542j:plain

おとといの恵比寿ガーデンプレイス





【メールマガジン】

のんびりとした手紙のつもりで
書けるときにお送りします。
よかったらご登録ください
(いつでも解除できます)。

https://sv8.mgzn.jp/sys/reg.php?cid=U009142