淡々と、粛々と

3月の初めの今週は、、

とつぜん、それぞれの学校生活が
終わることになった
中学生と小学生との
思いがけないのんびりとした暮らしが
始まり

中学生は
冷たい雨の日の朝に
高校の合格発表があって
進路が決まり

このまんなかの子と上の子とで
3年続いていた
受験生のいる暮らしが
ひとたび終わりました。

そんななか
春休み中の上の子は旅行へ行った。

一緒になら
行ってきたけれど
子が単独で海外へ行ったのは
考えてみたら初めて、
これはわたしにとって
ちょっとした体験でした。
そうか、◯ちゃん、ひとりで海を渡ったか、、
子どもが大きくなるというのは
なにかじぶんのどこかが広がっていくよう。

 - -

2月の末に
3月は
ご希望があればオンラインでもレッスンをします
とみなさんにお伝えしたけれど
いまのところどなたも
ふつうにいらしてくださっています。
時間ができたからたくさん来たいというかたも。

久しぶりにレッスンを参観くださった
お母さまが
あとで、熱の入った指導に感激、と
メールをくださり
驚くこともありました。
あれが、熱かったか、、と。
わたしとしては淡々とした感覚だったので。

 - -

ジョジョラビットは
どうしてももう一度観ておきたくて
観てきました。
行ってよかった。
溜飲が下がった、機会があるなら
もう一度行きたいけれど、、

前に書いた
忘れてしまったQ、というのは
大人の女の人ってどういうこと?
そんな風にワインを飲むこと?
でした。

そうね、悲しいときや嬉しいときはシャンパンを、
賭けをしたり
モナコへ行ったり
(ちがったかも)
男の人を惑わせたり
虎と睨み合ったり
云々、、、、
それから
怖れずに人を信じること。

ところで
わたしは最近は
仏映画ばかり観ていました。
英語のを観たら
モードが英語になってしまう、
それはわたしの弱々しい仏語脳には、、
というのが
大なる理由だったのだけれど
久しぶりに英語の映画をみて
思ったのは
英語、わかりやすい、、、ということ ^^;
仏語よりよっぽど、、、

最近は、数年前より
仏語が聴き取れる! と喜んでいたのです。
ぜんぜんそんなことは
なかったようです。
でももちろんまた粛々と、勉強します。