桜と椿

きょうは上の子の入学式でした。なんでだかまったくわかりませんがわたしはすごく嬉しかったです。いまも嬉しいです。
なんでだかというのは、ポイントがわからないという意味。ここまで成長したことが、とか、こういう学校だから、とか、こういうことが勉強できるからとか、、、いくつでも理由をあげることはできる。でもこんなにワクワクするのはどれもちょっとピンと当たらないので。
ただ、いずれにしても、人の成長は美しい、と実感します。
10なん年前の春、保育園の卒園式の最中、並んで立っている子どもたちの姿がぼうっとぼやけ、それぞれの子がりっぱに大きくなっている姿が一瞬見えてはっとしました。
いまそのビジュアルの本当をあちこちで見ています、、息子もそうだけれど、りっぱになりもう一人前のそれぞれの子と会うたび、感激します。