プロセス

曲を自分のものにしていくとき、
程度はともかく、いくぶんかであっても、
その曲になっていく、というプロセスが起こる。
そして、いくぶんかであっても、
そのプロセスのさなかに湧いてしかたない
曲を弾きたいという気持ち、、
お風呂に入っていても、
早く出て弾きたいし、
キャンセルできるなら、
どんなことでもキャンセルして弾きたい。
そのどうしようもない衝動、
たぶん、それはチャンスなのだと思う。
なんの? 音楽に素手でさわる、、
走っていく動物にさわりたかったら
ぼんやり座ってはいられないように、、
そして、やりかたがどうであろうと
上手でなかろうと
さわった、ということは
本人には偽りようがない、、
それが、多くの人の語る
「魂からの表現は必ず伝わる」
という言葉に通じるものなのでは
と最近思うのです。


いただいた写真