花と木

その人そのもの

ある夜の発見、 ご感想とは、その人そのもの、、愛があるよねと言ってくださったかたは なにより愛のあるかただったし 強い情熱を感じますと言ってくださったかたは 強い情熱の持ち主だった。 そんなもの感じないよていう人は (と直截言う人はいないけれど…

5月

まだ、5月です、、この5月は 植物をたのしみ眺めています。 去年の5月は そういう心の余裕がなかった。ので ありがたく嬉しい、、 数日前サラダにいれた 花クレソン 残りどなたにもいい1週間に なりますように。

こころ、言葉、場所

何年前からか、、忘れましたが ルイレーリンク先生のこの文章はときどき読み返します。http://www.piano.or.jp/report/04ess/louis/2008/03/31_4551.htmlどの審査員も自分の「基準」があると思いますが、私の審査基準は「正しい演奏・上手な演奏」よりも、「…

新しい朝

新しい時代の始まった日の朝は 神戸にいました。小雨だったのだけど 山を歩く。気持ちよかった! le 新緑 あちこちで見かけた のびのびと咲くこの花は ムラサキツツジだと思うのだけど 街に帰ってきて見るツツジの花より ずっと小さくて可憐なのです。 よい…

アオギリの葉

4月に入り、桜の美しいころ アオギリは 緑のつるつるの幹のままでしたが10日前に 枝の先に葉っぱの出てるのを発見しました。 ちょっとわかりにくいですが そしてきょう アオギリは、古代では 鳳凰の棲む木と考えられていた ときいたことがあります。わたしは…

音楽は音で

きょう、レッスンで バッハの、ピカルディ終止の曲 (最後の最後に、とつぜん光が射したように 短調から長調に解決して終わるもの) を弾かれていた方が その終わりかたにとても驚いていらした。 これは、なんなんですか? なにが起こったんですか? と。そ…

風、緑、桜

お店で羽織ってみて、 それほど似合っていたわけでもないのに あとで気になってしかたのないジャケットがあり、、 これはずっと引きずるだろうと思って ぴゅっと、光の速さで出掛けて買ってくることにして 電車に乗る。20歳くらいのころ ニューヨークで、…

桜と椿

きょうは上の子の入学式でした。なんでだかまったくわかりませんがわたしはすごく嬉しかったです。いまも嬉しいです。 なんでだかというのは、ポイントがわからないという意味。ここまで成長したことが、とか、こういう学校だから、とか、こういうことが勉強…

木蓮の花

先週末、まんなかの子の吹奏楽の 定期演奏会に行くとき 末っ子は面倒くさそうだった。 なにか観ていたものがあったみたいで。 で、行きながら 素晴らしい出会いがあるかもよ? 音楽との、、 なんて言ってみたら もう出会ってるよ! と即答されたのでちょっと…

お子さんがレッスンを離れるときに お母さまがお手紙をくださることがあります。 それらはわたしの宝ものだと 春がきて しみじみ思っています。お手紙に書かれていることは もちろんおひとりおひとりちがうのだけど でも不思議と共通項もあるのです。 レッス…

ざくざくと踏みながら

連なる日にちという 葉っぱの山のような線路を ざくざくと けっこうな音を立てて踏みながら 進んでいるなあここのところ、、 といま思いました。そんななか 怖いということについて 思うことが なんどかありました。たとえば 本番が怖いと思うとき まったく…

数日前、ふと思いつき 新しい曲をさらい始めた。 けっこうないきおいで、、きょう夕方 末っ子が わたしがさらっている ピアノの部屋から 「ママが最近手を出した曲、好き」 と言いながら出て行った。 手を出した、、、おかしい、、、 あじさい

ほぼほぼ確信

この2年くらいのいろいろ を通じて ほぼほぼ確信していること、は たいへんなことは恵みなのだ ということ、、自身の、身近な人の、病気、怪我、 うまくいかない関係、 暗礁に乗り上げた計画、 どれもが そのさなかに わたしに愛をおくり わたしに温まる関…

満ちる

お教室の発表演奏会がちかづいてきてレッスンの時間がいま増えています。自身の時間が減っています。 がしかし、この、なにかが拡大していくような、あるいはものの密度が増していくような、あるいはなにかが流れ込んでくるような、この感じはなんだろう、、…

曼珠沙華

きのうは寄り道して 曼珠沙華の群生しているはずのところへ 行ってから 出かけました。毎年、現れているのを見つけると はっとする静かな花。

さるすべり

さるすべりの鮮やかな季節になって 嬉しい。台所の窓からも 何軒か先のお家のさるすべりが 見えます。そして去年のいまごろのことを 思い出します。

青々

わたしのお友だちアオギリくん あっという間に青々! 4月は山吹がきれいでした。 一瞬のことでしたが、、 これはいつかの、雨のあと。 5月は薔薇をたのしみたいです。

ラナンキュラス

ちょっとずつ色のちがうラナンキュラスを 5本。フランス語の冬学期が終わって 修了試験に合格できたら 不相応なくらい大きな花束を買おう とずっと思ってたのだけどその前の日に 母のお誕生日のために 赤一色の花束を買い 母に渡すまでの1日 うちで水に挿…

桜と絵本

庭園美術館の前の桜。わたしはこのくらいの咲き加減が好きです。 週末の、ちかくの小道。 庭園美術館では鹿島茂先生のフランス絵本コレクションたのしんできました。 ただ、まあ、あたりまえでしかたのないことですがたくさんの本を前にしてそのページを繰れ…

感覚について

感覚について。 たとえばいつも挙動がゆっくりめの人はぼーっとしてるとかとろいと言われるし、そう思われる。 つまり処理能力が低いというか場合によっては怠けてるとかやる気がいまいちとか。。 もちろんそういうこともあるでしょうが 多くの人がたとえば…

マンサク、日向水木

さんぽ日和。朝、平日よりゆっくりの時間に ゆるゆると 近くまで歩いていたら このマンサクの花が 満開になっていた。 しばらく来てないうちに…! 出遅れたー と思いながらかけ寄り 写真も撮ることでした…。 日向水木も くるくると かわいらしい蕾をつけてい…

名前はなんでも

関係の名前は お知り合い、お友だち、 仕事仲間、仕事相手、 先生と生徒、 親子、兄弟、恋人、夫婦、 その他なんでも 名前がつかなくてもその人との間ならではで できること 成立すること 共有できること 話せること してもらえたりあげられること がある と…

どこまでも

子どもが夜、きょうは 好きなだけ遊んでていいよ と言ってもらった とかだいじな人が だめなところも含めてぜんぶいいよ と言ってくれた とか、、、シューベルトのD568のソナタについて 思うことは いろいろあるのだけどぜんぶをどこまでも肯定する 肯定して…

優しい関係

こないだ、遠くから来てくれたお友達が わたしの本棚をみて (本のレパートリーが)おんなじ! と言っていた。 そうとは知らずに今までお付き合いしてたので そうなの?! と驚き 思っていたより彼女とは近い関係なのかも と嬉しい瞬間でした。その日のお洋…

どんな人になるか

おなじ「音楽が好き!」やあるいは「音楽家」と言ってもそのなかのどんなものを味わいたいのかや どのような性質をのばしたいのかということは 10人いたら10通りだと思う。それぞれの持つ、学びたいテーマはたとえば 創造的になる 自信をもつ じぶんのも…