朝、夕と夜

夏の終わり

夜、開け放した窓の外から 秋の虫の声が響いてきます。たいていは遅めのごはんを終えて 片づけもしたら 練習をしようかな と思うのだけど迷う。 このいまだけの響きをゆっくりと聴いている のもいいな、、、 お盆のころ、涼しいところへいったら 終わろうと…

朝と夕

夕や夜、考えていてA → B → C → A → B・・とぐるぐる散らばっていたことが、朝になるとA → B → C → D !に実っている。朝の起きぬけの時間には宝ものがあるな、、 夕空

5月某日

末っ子がまんなかに 数学のなんとかを教えて、と頼んで 教えてもらっていた。ふたりの声が聞こえてくる。 上の子がまんなかに なにか教えてあげてる、のも、 わたしは猛烈に好きだった (今もです) が、まんなかの教えてるのも、いい。。なんでだろう? わ…

権威とは、、、

週末、ちょっとした会話のなかで。権威、みたいなことが話題になりました。 権威とは。 (キャリア、肩書き、学歴、賞歴、、、お墨付きも) いかにすばらしいものであったとしても その人自身、にはならない。。その人の肌着、くらいにはなれるかもだけど 肌…

新しい朝

新しい時代の始まった日の朝は 神戸にいました。小雨だったのだけど 山を歩く。気持ちよかった! le 新緑 あちこちで見かけた のびのびと咲くこの花は ムラサキツツジだと思うのだけど 街に帰ってきて見るツツジの花より ずっと小さくて可憐なのです。 よい…

2019

きょうは18日、すっかり、どっぷり、 2019年を泳いでいるという気がします。 この、年が変わるとぱっと空気の変わってしまうさまの 不思議さ鮮やかさといったら、、、そして、とても元気のいい年なのかなと感じています。 音のするような目まぐるしさ…

超える

大晦日の21時です。 新年を迎える、は、時を超える、みたいな感じ。わたしたちが2018年にいるのもあと数時間。 夕方暗くなって買い物に出たら、駐車場にたくさん車が停まっていました。 多くの人が実家に帰ってきているんだな。。なんとも言えない、超えると…

la nuit

夜が行ってしまうとき夜はときどきポンと藪から棒みたいな気づきの玉を置いて行ってくれる。 それはすぐに溶け始め朝が来たとき行ってみてももうそこにはない。 本当は毎日なにかを置いてくれているのにわたしがぐうぐう寝ていて気づけてないのかもしれない…

朝、 のんびりの朝ごはんのために テーブルについたわたしの正面には ふたりの子どもがすわっていてひとりは熱心に本を読みふけりながら ときおり テーブルに置いてあるチーズケーキのお皿を 思い出したといった感じで ひと口、フォークで切って口に入れ ま…