幸せ

甘美な幸せ

5月が過ぎていきます。 きのうは、中林可寳さんの銀座での個展に おじゃましたあと 世田谷のすてきなサロンへ伺って 弾かせていただく。 集まっているみなさんが帰られたあと さらに弾かせていただき サロンのマダムがじっと座って聴いていてくださった。 熱…

新しい朝

新しい時代の始まった日の朝は 神戸にいました。小雨だったのだけど 山を歩く。気持ちよかった! le 新緑 あちこちで見かけた のびのびと咲くこの花は ムラサキツツジだと思うのだけど 街に帰ってきて見るツツジの花より ずっと小さくて可憐なのです。 よい…

風、緑、桜

お店で羽織ってみて、 それほど似合っていたわけでもないのに あとで気になってしかたのないジャケットがあり、、 これはずっと引きずるだろうと思って ぴゅっと、光の速さで出掛けて買ってくることにして 電車に乗る。20歳くらいのころ ニューヨークで、…

桜と椿

きょうは上の子の入学式でした。なんでだかまったくわかりませんがわたしはすごく嬉しかったです。いまも嬉しいです。 なんでだかというのは、ポイントがわからないという意味。ここまで成長したことが、とか、こういう学校だから、とか、こういうことが勉強…

お子さんがレッスンを離れるときに お母さまがお手紙をくださることがあります。 それらはわたしの宝ものだと 春がきて しみじみ思っています。お手紙に書かれていることは もちろんおひとりおひとりちがうのだけど でも不思議と共通項もあるのです。 レッス…

ほぼほぼ確信

この2年くらいのいろいろ を通じて ほぼほぼ確信していること、は たいへんなことは恵みなのだ ということ、、自身の、身近な人の、病気、怪我、 うまくいかない関係、 暗礁に乗り上げた計画、 どれもが そのさなかに わたしに愛をおくり わたしに温まる関…

超える

大晦日の21時です。 新年を迎える、は、時を超える、みたいな感じ。わたしたちが2018年にいるのもあと数時間。 夕方暗くなって買い物に出たら、駐車場にたくさん車が停まっていました。 多くの人が実家に帰ってきているんだな。。なんとも言えない、超えると…

余韻

きょうはレッスンを終えて肉じゃがやらひじきの煮物やらを作りながらじーんとしていました。レッスンにいらしているあるお嬢さんのお母さまがびっしりと書いてくださった発表会の感想の言葉、に感激して、でした。 当日も、みなさんが終わったあとそれぞれと…

おだやかに

おだやかに暮れていく日は 幸せです。晩になり おいしいものを作りたい! という欲が湧いてくるときもきょうは なにを作ろうかな? とわくわくするときも。 先日、ひさしぶりに お寿司やさんへ行きました。 どれも本当に! おいしかった。わたしはいままでず…

だれもが

だれもが すこやかになれる力を持っている と思う。それを応援するようなことが できたらいいなー とも。すこやか度100%、完ぺきになれる という意味ではなくていまの時点より すこやかな在りかたのほうを向く ということいまの状況のなかにある 恵まれたと…

名前はなんでも

関係の名前は お知り合い、お友だち、 仕事仲間、仕事相手、 先生と生徒、 親子、兄弟、恋人、夫婦、 その他なんでも、 名前がつかなくても、その人との間ならではで できること 成立すること 共有できること 話せること してもらえたりしてあげられること …

ありがとうございました

hall60でのコンサートが終わりました。いとおしい1日でした。ありがとうございました。 終演後 きょうは、、いそいそと新しい楽譜を 買いに行ってしまいました。 そして譜読みを、、終わって嬉しいのは こんなふうに新しいものを弾けること。きのう弾いた …

優しい関係

こないだ、遠くから来てくれたお友達が わたしの本棚をみて (本のレパートリーが)おんなじ! と言っていた。 そうとは知らずに今までお付き合いしてたので そうなの?! と驚き 思っていたより彼女とは近い関係なのかも と嬉しい瞬間でした。その日のお洋…