こころ

rewrite

小さな、書き換えの話。 小学校1年生のとき クラス全員がひとりひとつずつ じぶんの鉢で朝顔を育てていました。 いまの小学生と同じように、、担任の先生にマジックで大きく それぞれの名前を書いてもらった プラスチックの青い鉢が 校門を入ってすぐのテラ…

一体化

その音を弾く人が 「いいなあ」と感じて 響かせるとき 音とその人は一体化する。その人がほんとうにそのように感じて 発する言葉は その人と一体化している。一体化するとき そこには新しいものが生まれる。万物の原理!つまり、、エネルギーが生まれる。湧…

こころの湖

わたしたちのこころの湖には 水が 静かに湛えられていて きれいな水色をしている。痛みや 悲しみ いやだと思うことをいやだと 味わうときそれらは 雨のひとしずくになって 湖に したたり落ち 水と とけあう。湖の色は変わっていく。ほんの少し、 でもおそら…

2月某日

なんとなくの節目に思っていた立春も過ぎて 初めの週末。 わたしは土曜はだいたい午前午後とお仕事がたくさんで ゆっくりの休日ではないですが それでも子どもたちは休みで、週末の空気が流れている。ゆっくり夜は唐揚げをして、食べながら 子のひとりに わ…

ゆっくり弾く

ゆっくり弾く というのは いまに生きる だな と思う。いそいでいるとき わたしたちは、もっともっと となっていて いまを受け入れていない、、いそがないとき ゆっくりやるとき わたしたちは 満足いっているわけではないかもしれない いまをうけいれて (と…

変化

家族が揃うお正月休みということで ちょっと落ち着かずに いましたが 明日から子のひとりは学校です。 寒くてちょっとがんばる感じのある お弁当作りがまた 始まります。年が明ける前から 冬至のあたりから 感じていたのは なんとなく空気が変わったなと。 …

奥の奥

誰にも、こころの、壁とか 筋肉質で硬くなっている部分とか とか の内側、の内側、の ほんの小さなスポットには さらさらの、まったくなににも晒されてない なににも晒されることのない 生のはちみつみたいな それはそれは柔らかで光かがやくもの、が あると…

正しい、ではなく、、

これを書いている11月4日の午後は アメリカの大統領選挙の 真っ最中で いろいろな情報が 出ているようですが 多くの、ふだんわたしがとても知的だなと 思っている方々が この4年間でどれだけアメリカが 引っ掻き回されてきたか、、 などなど コメントさ…

アオギリさん

10月の初め、 姪っ子ちゃん6歳と家へ移動中、 わたしのともだち(お地蔵さんとも言う) アオギリさんのところを 通ったら異変が起こっていました。たぶん10メートル近い背丈だったはずの アオギリの、 深々と生い茂る葉っぱの ほぼすべて、と 細い、と言っ…

わたしが

老若男女を問わず誰かを 好ましい、好きと思うとき なにかしてさしあげたいと思うとき 相手はどうなのか(どう考えているのか)というのは あまり本質的ではないのかも。 この好きはわたしのハートの問題。 そしてハートの言うことを 「わたしが」きいたかど…

もしかしたら

もしかしたらの思いつき。自身を、 自身を取り巻く環境すべてを、 過去のわたしを、 目に見えないものもののなかの自身を、 俯瞰してみることができるようになればなるほど、 音楽をもまた、 ミクロな視点ばかりでなく、 大きなまとまりとして捉える その度…

本当に本当か

一昨日の朝は 早くに目が覚めて 明るくなっていくなか 先週末のベルリンでのデモの様子を 見ていました。https://youtu.be/fnw19F5NBgs元気になった。 メディアや誰かの言ったことではなく じぶんの目でそれが本当か? 見ている 見ようとしている 人たちがた…

きょうの一枚

きょう5月7日はブラームスのお誕生日です。 心温まります。尊敬するお知り合いの方がアップされている ブラームスの間奏曲を どきどきしながら聴きました。 涙が出ました。写真は、八坂圭さんがこんど出された オラクルカードのような、ひかりのカード の…

pay it forward

ふと思い立って 映画「ペイ・フォワード」を観ました。むかし、本田健さんが これを観たことがきっかけで 自費で本(初めての著作となるもの)を作り たくさんの人にプレゼントすることになった というのを読んでから ずっと気にしていたはずなのに 観たこと…

our planet earth

春になると わぁっと一面にひろがる やさしいむらさき。3月の年度最後のお仕事のお約束を 終えてから 数日、のびていましたが 元気になってきました。母の誕生日もあり。 左手にマーガレットの鉢を 右手にチューリップの花束をもって よちよちと 届けてきま…

淡々と、粛々と

3月の初めの今週は、、とつぜん、それぞれの学校生活が 終わることになった 中学生と小学生との 思いがけないのんびりとした暮らしが 始まり中学生は 冷たい雨の日の朝に 高校の合格発表があって 進路が決まりこのまんなかの子と上の子とで 3年続いていた …

ジョジョラビット雑記③

またまたジョジョのママのはなし。ジョジョのママは 戦時下でも赤い口紅をひいて お洒落をし 明るく寛容にありつづけ ジョジョをみまもりそしてじぶんのできることをした。 反ナチ運動をし ユダヤ人の女の子を匿い それによってゲシュタポにみつかること に…

ジョジョラビット雑記②

ジョジョのママはいつも ジョジョの靴ひもがほどけていると言っては ていねいに靴ひもを結んでくれた。 くりかえしくりかえし。やがてジョジョは、ママや、だいじに思う女の子の 靴ひもを結んであげるようになる。そういうことだな、、と思う。内在化。わた…

ジョジョラビット雑記①

「怖れを捨てて信じるのよ」 「どうやったらわかるの? その人が信じられる人って?」 「、、ただ信じるのよ」映画「ジョジョラビット」での ジョジョのすてきなママと、ある女の子との会話。あっ、と思ったのだけど なにしろあっ、で、その前のQがどんなも…

愛するということ

ただそこにいる というのも 愛だと思う。ただ受け入れる というのも 愛だと思う。なんら積極的でなく おもてにはなんにも見えない ありかただったとしても意図をもって そうあるときは 強い愛する になる。 - - 窓辺のヒヤシンス これは黄色なのか白なのか、…

1920

12月30日、 きのうは今年最後のお仕事の日で 夕刻からは 楽しいコンサートパーティへうかがい ちいさなものを弾かせていただきました。思いがけずたくさんの人が コメントしてくださって とっても嬉しかったのだけどいちばん嬉しかったのが 「なんでそんなに…

木のなにがすごいかと言って なんと言ってもすごいのは すべて引き受けてる ということだと思う。ただ、その足で、地に立っている。 もしある日薙ぎ倒されたとしても 木はそのままだ、、、どこにも拠らない。おもしろくないこと、 がっかりすること、 悲しい…

人と人が

11月は、たくさんの、大事なかたに会えて 優しいものや 心がひろがるような柔らかさをいただいたと感じます、、人と人が親密になる、て、どういうことだろう と思うことがあるけれど そのひとつに 目線を交換する、ということがある気がする。 それは、、ま…

今年も11月に

今年も11月に レッスンにいらしている方たちとの 発表演奏会をしました。終わって、特に始めて間のない方や 大きくなられてきた方、その親御さまから多く たくさん、しみじみするような メッセージやメールを戴いて とても温められました。 ありがとうござい…

からだとこころは、、

からだをすこやかにする取り組みでよく思いつくのが・ダイエットやデトックス (余計なもの、老廃物などをなくす)・筋トレ (運動して筋肉をつける)ではないかと思うのだけどこれ、心について考えるときも おんなじだ、、と思い当たりました。 ・心のデト…

おかしなことを

ときどき あっっっ!! と思い出します。いつのまにか 不必要なマジメパワーみたいなものを 自分に 重ねてはくっつけていた のを、、、いつからマジメ教の一派になってた? みたいに。わたしは とっても真面目一辺倒な母 と おふざけ大好きな父 の子どもで性…

風、緑、桜

お店で羽織ってみて、 それほど似合っていたわけでもないのに あとで気になってしかたのないジャケットがあり、、 これはずっと引きずるだろうと思って ぴゅっと、光の速さで出掛けて買ってくることにして 電車に乗る。20歳くらいのころ ニューヨークで、…

桜と椿

きょうは上の子の入学式でした。なんでだかまったくわかりませんがわたしはすごく嬉しかったです。いまも嬉しいです。 なんでだかというのは、ポイントがわからないという意味。ここまで成長したことが、とか、こういう学校だから、とか、こういうことが勉強…

お子さんがレッスンを離れるときに お母さまがお手紙をくださることがあります。 それらはわたしの宝ものだと 春がきて しみじみ思っています。お手紙に書かれていることは もちろんおひとりおひとりちがうのだけど でも不思議と共通項もあるのです。 レッス…

ざくざくと踏みながら

連なる日にちという 葉っぱの山のような線路を ざくざくと けっこうな音を立てて踏みながら 進んでいるなあここのところ、、 といま思いました。そんななか 怖いということについて 思うことが なんどかありました。たとえば 本番が怖いと思うとき まったく…